最新のレーザー機器によるしみ治療!かんき皮膚科のアレックストライバンテージ!

肝斑はレーザー治療でも治りにくい

化粧品などではなかなか落ちないしみでもクリニックでレーザー治療を受けると綺麗になることが多いです。しかししみの中には肝斑と言う治りにくい種類があります。頬骨付近に出来ることが多い、輪郭がぼやけていると言う特徴があります。紫外線の浴び過ぎやホルモンバランスの乱れが原因と言われています。

かんき皮膚科のアレックストライバンテージ

そんな従来のレーザー治療では難しい肝斑でも、かんき皮膚科のアレックストライバンテージなら治りやすいです。アレックストライバンテージは波長可変パルス幅可変機能が付いているレーザー機器です。この機能により一人ひとりの患者さんの症状に合った波長、パルス幅でレーザーを照射することが可能です。

肝斑の他にも日焼けによるしみ、お肌のくすみ、青アザなどの治療にも有効です。レーザーを照射するだけ、メスは入れないために治療後はすぐに帰宅出来ます。腫れが少ないために周囲の人にも気づかれにくいです。

アレックストライバンテージの治療費は

顔全体の肝斑では20000円、しみやそばかすなら1ショット200円、ホクロは1つ1000円の治療費がかかります。青アザは生まれつきのあざ、代表的な存在となっています。男性よりも女性に多く、人によっては思春期以降に青アザがハッキリしてくることがあります。この青アザなら保険適応となるために治療費の負担が軽くなっています。その他、ケミカルピーリングやハイドロキノン、トレチノインなどの治療法がありますのでよく相談してみてください。